もはやラッパーじゃなくてユーチューバー⁈ テレビでも話題の SHOの正体とは?

シェアする

今回は、巷で有名になりつつあるラッパーでありながらYouTubeでも活躍するSHOについて調べてみました。

というのも元々、噂に聞いてYouTubeでその姿を見たことはあったのですが

最近の露出度や活躍が目覚ましいので、その実態が気になってるという人もいると思いましたので←

SHOとは?

1982年6月19日生まれ、飛騨高山出身、元アルペンスキー日本代表。
今現在HIP HOPアーティストにて活躍中。
またS.TIME STYLE RECORDSの代表、自身のS.TIMEブランドもプロデュースしている。
2007年、THE GAMEの目にとまりアジア人としては異例のTHE BLACK WALL STREETのメンバーとして8つのステージを共にした。

通算CDセールスは5万枚突破。
2012年には、Youtubeにて365回のフリースタイル動画を公開して世界初の偉業を成し遂げる。 *自身のYouTubeより要約引用

あくまで、個人的な印象ですがラッパーとしてより、エンターテイメントとして存在感がある人物です。

渋谷のストリートで活動する一方、活動内容をyoutubeに動画をアップしてファンを作っているのでラッパーというか、もはやユーチューバーなんじゃないかと思ってしまいますが。笑

ただ、過去に色んなラッパーとアポイントを取ったりセッションをしています。

THE GAMEと?

コレは、アメリカの人気ラッパーTHE GAMEと曲を一緒にやったという映像です。

ZORNと

コレは、ZORNがまだ22歳でZONE THE DARKNESSと名乗ってた時のフリースタイルセッションです。

やっぱり、この時からZORNラップ、上手すぎる。

他にも

警察官の前で自身の「薬物はやめろ」の曲を歌ったり、最近ではバラエティーの番組などにもちょくちょく出演してますね。

警察官の前でwww

あの、マツコさんの番組「月曜から夜更かし」でもインタビューを受けてました。

ほんの一瞬でしたが

まとめ

いかがだったでしょうか。ラッパーとしてのスキルは賛否両論なところがありますが

自身でも日本で一番のナルシストと言ってるぐらいで、この鼻につく感じのキャラがクセになって注目されてるんじゃないでしょうかね。

ただ、日々のYouTubeの発信など行動力もありますね。キャラが面白いだけに今後、バラエティー番組にもっと出演する機会も増えるかもしれませんね。

スポンサーリンク